マイナンバー 給与計算 残業代対策 助成金 就業規則 外国人雇用 団体交渉 是正勧告は東京都町田市の櫻井三樹子社会保険労務士事務所にお任せください!
櫻井三樹子社会保険労務士事務所
主な対応エリア  町田市・多摩市・八王子市・狛江市・稲城市・調布市・府中市・立川市・国立市・新宿区・渋谷区・港区・大田区・目黒区・世田谷区
杉並区・文京区・千代田区・中央区・横浜市・相模原市・川崎市・厚木市・大和市・座間市・海老名市・綾瀬市・小田原・静岡県・埼玉県 ほか
  
 〒194-0032 東京都町田市本町田2945-2シティクレスト103
TEL:042-709-0905/FAX042-709-0906
E-mail : info@sr-sakurai.com
 HOME 業務案内・料金案内 事務所案内  お問合せ 公式ブログ  個人情報取扱  
給与計算業務
昨今は毎年のように社会保険料率の変動があり、それに対応していかなければならないなど、給与計算の負担が多くなる傾向にあります。個人情報のより厳格な管理の目的から、アウトソーシングする企業も増えています。給与計算は、雇用保険や社会保険に連動しているため専門的な知識が必要ですので労働・社会保険の手続きと併せて、社会保険労務士事務所にアウトソーシングする企業も増えています。是非ご相談ください。
 なお、弊所は、残業対策や労働時間管理に精通しておりますので、毎月の給与計算を行うことにより、労働条件の見直しなどのご提案も可能です。従業員が効率よく働ける職場作りを目指します
賃金設計業務
  従業員の賃金額は、残業代未払いにならないように、しかも最低賃金を上回るように決定しなければなりません。賃金額の決定、見直しもお気軽のご相談ください。

また、60歳以降の賃金は最適設計によって効率化を図れます!!
従業員が60歳以降も継続勤務する場合には、
在職老齢年金(厚生年金)+高年齢雇用継続給付(雇用保険)
の支給対象となることがありますが、これらの制度を活用できるのは60歳時点の賃金が一定額低下した場合に限られます。支給対象となれば、厚生年金と雇用保険を活用して、賃金を下げても、従業員の手取りを極力下げずに、コストの削減が実現します。ただ、賃金の下げ幅が一定額を超えなければ、国からは一切の支給がありません。これまでかけてきた年金も支給されないということなのです…。

【当事業所へご依頼の場合】
・その方にとっての最適な賃金のご提案をいたします
・年金の裁定請求を行います
・高年齢継続給付の支給手続きを行います
・退職後の手続きについて相談を行います
・定年間近の従業員に退職準備セミナーを行います
・嘱託制度の見直しを行います
就業規則作成・各種規程作成業務
 労働関係法令が頻繁に改正されるのはなぜでしょう?
経済の状況の変化や雇用の多様化により時代とともに新たな労働トラブルが生まれるからです。進化する労働法の一歩先を見て就業規則も改定していかなければ意味がありません。もし、5年前、10年前から改定をしていない就業規則をそのまま使っていたらどうなるのでしょう?メンタルヘルス対策やセクハラ・パワハラ対策はできているでしょうか?問題従業員を正当な理由があるにも関わらず解雇できないという事態に陥る危険はありませんか?従業員が裁判員に選ばれたときの会社の対応は決まっていますか?今後予想されるリスクも含め様々なトラブルを回避することができる就業規則は会社を守ります。更に、社内の『悩み』や『トラブル』の改善策を条文として就業規則に落とし込むことで、従業員の『不安』を『安心+やる気』に変え、業績アップに繋げることができます。まずは、現行の就業規則が実際に会社を守れるのか診断いたします。そして改善すべき点をご説明いたします。就業規則の見直し、各種規程の見直し、従業員への説明会、行政への届け出手続きなど、責任をもって行います。
労務相談
 人事労務に関して不安やお悩みはありませんか?社会保険労務士は『ヒト』に関する専門家、そして労働関係法令、労働・社会保険の専門家です。従業員に関するトラブル、労働時間、賃金に関するお悩み、『いい人材を採用したい!』『従業員のモチベーションを上げたい!』…その他事業所のお悩みに対し最適な解決策をご提案いたします。また、新たに事業を始められる方には『適正な従業員の採用の仕方』『お給料の額をいくらにするか?』『安全な社内ルールづくり』『助成金の申請』などお手伝いいたします。まずはお気軽にお問い合わせください。初回のカウンセリングは無料でご用意しております
是正勧告対応
 労働基準監督署の調査で法令違反が見つかれば『是正勧告書』、違反とまではいかないけれど改善が望ましい状況と判断されれば『指導票』という書面を交付され、指定された期日までに是正するよう勧告されます。無視したり虚偽の報告をすることは大変危険です。監督官の司法警察権により書類送検、逮捕ということもありえます。会社の言い分ももちろんあるでしょう。しかし、ストレートに監督官にぶつけることばかりが得策とは言えません。適切な対応をご提案いたします。まずはご相談ください。

【是正勧告で法違反として多く指摘される事項】
・就業規則の未作成、労働基準監督署のへの未提出
・残業代の不払い(サービス残業)
・法定労働時間、変形労働時間制に関する違反、36協定未届
・雇入れ時の労働条件の書面による明示違反
・賃金台帳への労働時間の未記入など
・定期健康診断の未実施、結果報告書の未提出
 
SRP
 

障害年金 給与計算  多摩らいふサポート 
Copyright(C) 2008 Office Mikiko Sakurai All Rights Reserved

cherrywell