日本各地のSAKEに出逢うため、旅に出ました                                                      

   

 日本酒社労士の櫻井三樹子です
米と水と麹だけで作るのにこんなにフルーティーなのはなぜ?若いころに飲んだことのある日本酒と全然違うのはなんで~?・・・というところから日本酒ファンになってしまいました。労務管理からお酒の選び方までお気軽にご相談ください。



今まさに日本酒史上最高においしいSAKEに出逢える    
 未来を担う20代、30代の蔵元が続々と美酒を生み出しています。個性の光る魅力的な酒が増え、選ぶのに困るくらいです!
 1995年ごろバブル崩壊、ワインや焼酎ブーム、杜氏の高齢化などから変革を余儀なくされた日本酒業界ですが、若手を中心に蔵元杜氏という新しいスタイルがじわじわと広がります。筆頭は山形県の『十四代』。この酒以降、あふれる香りとさわやかな味わい、口に含んだときにインパクトのある酒が注目されます。米と水と麹のシンプルな材料からメロンやバナナ、桃のようなフルーティーな味わいを楽しむことのできるミラクルを『十四代』は感じさせてくれます。
 また、純米酒の旨さに立ち戻り、山廃、生酛のように乳酸や酵母を添加せず昔ながらの製法をリスペクトする流れもあります。これらは燗酒に向いているやわらかいふっくらしたタイプの酒です。
 2014年、安倍首相がオバマ大統領に贈った酒として話題になった『獺祭』をはじめ『醸し人九平治』など海外を意識した酒も次々登場しています。
 フルーティーで華やかで酸味もありワインのような味わいの酒もあれば、どっしりと米の味わいを感じられる濃厚な旨味のある酒もあり、またローカル色を前面に出して地元の米やオリジナル酵母を使い、ワインで言うテロワールを感じてしまう魅力あふれる地酒の数々。
 今まさに、日本酒史上最高においしい酒があふれています。味わわなくてはもったいない!みなさんに、おいしい出逢いがありますように。私も出逢いの旅に出ます。 
獅子吼(ししく) 無濾過生原酒(石川)
どっしりとした酒米「五百万石」の旨みが感じられます。すっきりキレがあり、バランスよく苦味も絶妙。なかなかお目にかかれないこの酒ですが、金沢の居酒屋で出逢うことができました。感動!出逢えた人は幸せです。
萬歳楽(まんざいらく)の家修(いえおさむ)杜氏の手がける加賀の酒です。
 杜氏(とうじ)・・・酒造りの最高責任者で杜氏の技術と勘が酒造りには重要です。土地の杜氏集団に属していて酒造りがはじまるころに蔵から呼び寄せられます。最近は蔵元が杜氏を務めるスタイルも広がっていますが、経験豊富な杜氏から技術承継された結果、蔵元杜氏も育ち、個性的でクオリティの高い酒が醸されているのです。家修杜氏は能登杜氏で福井の「黒龍」や滋賀の「気楽長」の杜氏も務めた方です。  
手取川 あらばしり 大吟醸生酒(石川)
45%精米されている大吟醸で、あらばしりの生ですからぴちぴちとフレッシュで香り高く、少し酸味もあります。
キレがあり後味はすっきりです。ですから、金沢の新鮮な魚介類、のどぐろなどとの相性抜群です。酒と料理の出逢いも大事です!「手取川」は東京でも巡り会える人気の酒です。リンゴや柑橘系のフルーツのような香りもお料理の邪魔をしません。
 あらばしり・・・酒のしぼりかたには自動圧搾機という機械でしぼる方法のほかに、木槽しぼり、雫しぼりなどがあります。木槽しぼりは、木の槽に醪の入った袋を入れて上から袋の重さで酒にストレスを与えずにしぼる方法。雫しぼりは醪の入った袋を吊り下げ圧力をかけずにぽたぽたと酒を取り出す方法です。「あらばしり」はこれらの技法で最初のほうにしぼり出された酒をいいます。特徴は少し白く濁っていてアルコール度数は低め。雑味も含め香りが高く、勢いがあります。手取川あらばしりは槽しぼりのあらばしり、丁寧に作られた酒です。  
 一歩己(いぶき) 純米無濾過生原酒(福島)
初対面の一歩己、旨味はしっかりありますが、フレッシュでさらっとやさしい苦味と甘みが感じられ、スルスルと呑めてしまい危ない!男前な印象を残す出逢えてうれしい酒です。若い蔵元の手により平成23年から醸し出されているそうです。なるほど~!福島県から全国においしい噂が広がっていますが、なかなかお目にかかれない酒です。出逢えたら必ず呑んでみてくださいね。
 無濾過生原酒・・・むろかなまげんしゅ。そのまんま、無濾過で生の原酒のことです。日本酒は醪をしぼってから濾過をして、おりや雑味を取り除きますが、濾過しないのが無濾過の酒です。また、生酒とは、火入れしていない酒。そして、原酒とは加水していない酒ということになります。つまり、アルコール度数が高く、しぼった酒をそのまま瓶詰した酒ということです。フレッシュで複雑な味が楽しめますが、アルコール度数が高めなので注意が必要。ロックで呑むのもおすすめです。  

 
土田 純米吟醸 菩提酛x山廃酛(群馬)

先日、社労士会の支部旅行で土田酒造さんの見学をしました。ここの酒蔵さんは明治40年創業で「誉国光」という酒を造り続けていますが、6代目蔵元と平成25年から杜氏となった若手の2人が土田酒造の酒造り改革を進め、新しいラインナップ「土田」が生み出されました。スタイリッシュなブラックのラベルと菩薩酛×山廃酛に惹かれ「土田」を購入しました。お味は?コクがあり、とにかく深い味わい。手間暇かけて醸された渾身の酒という感じ。やはり熱燗もいけます。あつあつもよいですが、ぬる燗に心がじんわり癒されました。こういうコクのあるお酒にはチーズを合わせるのが好きです
かなりマニアックなお酒です。
 酒蔵さんでは誉国光の大吟醸ソフトクリームも楽しめます!  




   
 
  
Copyright(C) 2008 Office Mikiko Sakurai All Rights Reserved